読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"人生差"は何故起こるのか

人それぞれ何故人生に差があるのか。その差について研究や経験を生かし自分なりの言葉で伝えていきます‼︎

喋りの上手い人、下手な人の差

私自身が子供の頃、学生時代と人見知りで喋りが下手でした。社会人となり営業の仕事も経験する中で喋りは必要となってきました。上手いから良い、下手だからダメという話ではありません。


 
色々諸説ありますが、私の考えでは2つのポイントかな、と思っています。
シンプルです。
 
・とにかく研究。
・抑揚をつける。
この2点です。
 
【できない人】
・何となく喋っている。発した言葉に意味や意図がない。
・声の大小、抑揚がなく、聞いてて面白くない。
 
【できる人】
・喋りは研究すると楽しくなる。心理学や文学や様々な知識を活用し研究すると自分の流れに持っていける。
・抑揚があり、感覚的に楽しく感じる話し方をする。
 
これが私の説です。
要はとにかく研究に研究を日々重ねることです。
そして練習と実践です。

喋りは才能も有りますが、努力でも向上できます。