"人生差"は何故起こるのか

人それぞれ何故人生に差があるのか。その差について研究や経験を生かし自分なりの言葉で伝えていきます‼︎

天才とは

何故かそれに固執してしまう。

時間が経つのを忘れてそれに没頭している。

人がそれをしているのを見るのが大好き。

 

そんな'それ'があなたにあるならあなたは"それ"の天才だと思う。

そこを伸ばす(仕事にする)といい!

仮説から… (例)

前回記事が少し抽象的だったかもしれないので、少し身近な実例あげておきます。

 

自身が彼女いなくて、出会いも無いという立場だとして下さい。

 

仮説)

スタバに1人でコーヒー飲みに来ている人は時間に余裕があり話し相手になってくれる。

 

試す)

スタバで1人の女性にお話しませんか?と声を掛ける。

 

失敗)

断られる。

 

これだけです笑笑

 

これを週1回でもいいです。

ずっーと続けてみて下さい。

 

もしかしたら仮説が実現するかもしれません。

しないかもしれませよ!もちろん。

 

という事を何項目もやるんです!

例えば2項目はスタバでなくマクドナルドとか笑

微差でもいいです。

10とか20とか項目作ればいつか実ると思います。

 

 

仮説から…

私が最近試している事があります。

仮説法と呼んでいます。

順番はシンプルです。

仮説→試す→失敗

この繰り返しをひたすら続けるのみです。

この3つの言葉にポイントがあります。

一つ一つ解説していきます。

 

まず仮説について

これは頭の中で考えるだけです。

合ってるかどうかなんて分からない。

とりあえず考えるのみでいいです。

 

次に試すについて

仮説に基づきそれを試すのみです。

 

次に失敗について

ここ1番重要です!

試す→成功 ❌

試す→失敗→検証、反省❌

ですよ!

試す→失敗です!!

 

根拠のない仮説を試しにやってみてるだけですから、成功に結びつく可能性なんて低いですし、失敗に対して真剣に悩んで検証する必要もありません。

とにかくわざと失敗しにいくのです!

 

これを1か月、半年、1年続けて下さい。

とにかく失敗で止まればいいです。

改善もいりません。

そしてこの3つの作業を何項目も作りやるのです。

100個とかがベストです!

 

いつの間にか、いつの間にか

仮説が実現する項目があります。

不思議と。

 

 

シンプルに

人生をシンプルに生きたい。

年齢を重ねるごとにシンプルに。

何もなくても、カッコいい!

カッコつけなくてもカッコいい!

そんな生き方をしたい。

 

大事なのは自信だと思う。

自信は経験から生まれてくる。

経験は失敗から生まれてくる。

失敗は行動から生まれてくる。

行動は勇気から生まれてくる。

勇気は目標から生まれてくる。

 

 

 

久々の更新

しばらくブログ更新していませんでした。

でも見てくれている人もいるんだなぁと少し嬉しくなりました。

人生もそうですよね。

 

休みたい時は休めばいい。

休んでも助けてくれる人は助けてくれる。

休んだらどうなるんだろーと不安になるのもわかるけど、そんなに心配しなくても大丈夫!

なんとかなるから!

 

自分がやりたい事、向いてしまう方向を見たらいい!

 

引き算

私は年を重ねる毎に人生の引き算をしていきたいと考えています。

やらなければならない事を減らす、

装飾品を減らす、

プライドや見栄も減らす、

要は最終 素の自分、裸の自分だけになりたい。

ほとんどの人は年を取れば取るほど足し算したがるんじゃないでしょうか。

足していかないと若い時と同じ事がでしないから?!かもしれません。

素の自分になった時、やはり人間力が必要になってくると思います。

やるべき事?やらなければどうなる?

よく仕事とかで今日中にやらなければいけない、とか今月中にやらなければいけないとかありますよね。

確かにそういう期日があって仕事は成り立っているのでしょうが、もしそれをやらなければどうなるんでしょうか?

 

命がなくなるわけでもないし、仕事を失う?!わけでもないのでは??

もしそんな事で仕事失うくらいなら他に理由あるんじゃね??って思う。

 

とにかく世の中の人はやらなければいけない、という事にがんじがらめになってるような気がする。